投資に重要なものは?

投資に重要なものは?

大前提に資金が大切です。

 

資金が限られている場合

つまり少額の場合

どんなに良い手法や

やり方を知っていても負ける場合が出てきます。

 

それが投資というものです

 

 

例をあげます。

 

 

 

Aさんは元手1000万円持っていたとします。

Bさんは元手100万円しか持っていなかったとします。

 

 

二人は次の様なゲームをしました

 

 

中身が見えない箱の中にボールが入っています。

 

入っているボールは2種類のボールが10個

 

白いボールと赤いボールです

 

入っているボールの色の割合は

白が6個で60%に対し

赤は4個で40%です

 

 

ゲームのルールは

 

箱から中を見ずにボールをひき

 

白が出れば25万円貰え

赤を引けば25万円支払います。

 

ひいたボールはもう一度箱に戻し

何度でも永遠にチャレンジできます。

 

 

つまり

 

60%の確率でお金が増え

40%の確率でお金が減る

 

そんなゲームです。

 

このゲームですが

 

やればやるほど

確率的にお金は増えていくことになり

 

続ければ億万長者になれるすばらしいゲームです

 

しかしながら

 

この一見とてもいいゲームに思えますが

このゲームに負ける人が出ます。

 

 

先ほどのAさんとBさんが

このゲームを行ったとします。

 

すると

Aさんは億万長者に

Bさんさんは破産してお金が無くなりました

 

 

なぜでしょう?

 

 

とても簡単です。

 

一見とても良いゲームに見えますが

このゲームには最初の元手が大きな鍵になります。

 

AさんとBさん

Bさんはの元手は100万円です

 

 

つまり元本が少ないため

4回連続で赤を引くと破産

もしくは最初の方に赤を多めの割合で引くと破産してしまいます

例えば

赤、白、赤、赤、白、赤、赤、白、赤、赤、

 

これで破産です。

 

何が言いたいか?

 

25万円は100万円の25%の金額なので

Bさんは元手資金に対して

使う金額が大きすぎるのです

 

 

一方の

Aさんはどうでしょう?

資金は1000万円です

25万円は元手の2、5%になります

 

 

このゲームで破産するには

40回連続で赤をひくか

 

初期の段階でものすごーく沢山

赤をひかなければ

 

 

ほぼ破産はしません。

 

 

 

つまり60%の確率で資金は増えていくので

 

 

Aさんは

ほぼ確実に億万長者になり

 

Bさんは

運が悪ければ破産しています

 

 

 

このゲームからわかる様に

元本が少なければ負ける可能性も出てきます。

 

 

投資に置いても

同じことが言えます。

 

全く同じゲームで同じやり方でも

億万長者と破産する人が出てくるのです。

 

その大きな要素である元本

 

投資に置いては

多ければ多いほど

圧倒的に有利な訳です

 

 

どんなにいい手法やノウハウを教えてもらったり

知っていても元手が少ないのは圧倒的に不利と言うことです

 

 

では実際のところ

 

投資を行うにあたり

どの様な戦略が取れるのか考えて見ました。

 

 

①投資をしない

これは本当にしないではなく元本を貯めると言う意味で投資をしないと言うことです。

まずはお金を十分に働いて貯めてから投資をスタートし十分な元本でスタートする方法

 

 

②投資は始めるが少額

とにかく破産しないレベルで少しずつ始め、さらに毎月少しずつでも働いたお金で元本も増やしていく方法

 

 

③最初から勝負

これは最初から負ける確率が高いのは承知で勝負していく方法

 

 

 

この3つ

くらいと思います。

 

 

どれをがいいとか

どれをすすめるとかはありません。

 

 

それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

ちなみに筆者の私は②でした。

 

やりながら

おぼえていき資金を追加していきました。

 

 

ぜひ参考にしてください。

大切なことカテゴリの最新記事